<   2007年 04月 ( 30 )   > この月の画像一覧

すくい豆腐の肉味噌がけ

e0013650_4295123.jpg

朝早くから出かけていて、夕方につい寝てしまったくらいボーっとしながら作ったごはん。
そのため、味が思いっきりバッティングしそうになり焦りました~。 気づいてよかった! 
たっぷりあるすくい豆腐を本日のメインとして、牛挽肉の肉味噌を添えました。 椎茸とネ
ギをきざんだものとしょうがを入れて、オイスターソース+海鮮醤+醤油+酒+豆板醤で
味付けてます。 この肉味噌がおいしくて、こればかり食べる人が出てしまったよ(笑) 

あく抜きしたナスとにんじんを、ピーナツバター+味噌+醤油+水+シラチャーソースで
作ったソースで絡めてレンジで3分加熱し、そのまま余熱を通しました。 コレがビミョウな
味になってしまって・・・ 原因は油を入れ忘れたから(笑) いい線いってたのに、も~。



今日のメニュー
- すくい豆腐の肉味噌がけ; 牛挽肉、ネギ、椎茸
- ナスとにんじんの味噌ピーナツソース
- 豆モヤシのベーコンビッツ炒め
- 白菜キムチ
- 炒めたくあん
[PR]
by gohandayori | 2007-04-30 04:29 | ごはん

砂肝のジャンクな塩炒め

e0013650_426586.jpg

砂肝を炒めて、千切りレタスの上にドチャ~っとかけてみました。 ほどよくしんなりした
レタスっておいしいのよね。 砂肝炒めにはガーリックパウダーをたっぷり入れています。
ガーリックパウダーを使うと、何だかジャンクな味になるのよね(笑) 本日はそのあたりも
狙っております。

この白菜キムチ、韓国スーパーで買ってきたものです。 梅酒を漬けるような巨大な瓶に
入っていて、ブクブクと発酵を続けています。 まろやかではない、ほんのり酸っぱ辛い系
で、中の白菜は割とシャキシャキしているのが特徴かな。 とてもおいしいキムチなんだ
けど、開封したらちょっと気をつけなければならないこともあるのです。
ブクブク発酵を続けているわけですから、空気にふれると更に発酵が進んじゃうわけで、
気がつくと、フタのあたりからキムチの漬け汁が漏れ出していることもあったりして!!
いやぁ、発酵パワーってすごいのよ。 冷蔵庫で保管するときには、スーパーの袋に入れ
てしっかりカバーしておくことは必須となっております(笑) 
 


今日のメニュー
- 砂肝の塩炒め;にんじん、ネギ、レタス
- 白菜キムチ
- すくい豆腐;ネギ、おかか
- 豆モヤシ炒め
[PR]
by gohandayori | 2007-04-29 04:26 | ごはん

ホッケの開き

e0013650_417621.jpg

最近は新鮮野菜がお手軽価格で手に入る中国系スーパーばかり通っていたので、ひさ
びさの韓国スーパーです。 韓国は日本と食文化がとても似ているんですよねえ。 
ビックリしたのはサキイカ、鰻、ちりめんじゃこ、煮干など、日本に馴染み深いものを韓国
でも普通に食べてるらしいってこと。 魚もサバやサンマ(箱には大船渡港の文字が・笑)
イカなどがいつも店頭に並んでいます。 しかも日系スーパーより3割くらいお安い☆
今回はサキイカ、すくい豆腐などをどっさり買い込みましたが、もうひとつ目玉商品が!
生のホッケの開きです。 前に冷凍モノのホッケを焼いたことがありますが、それはかなり
塩がきつかった~。 今回のものはどうかな?と挑戦をかねたお買い物となりましたが・・・
ちょうどいい塩梅!と言う言葉がまさにピッタリの塩加減でした。 うまいね、ほっけ☆
お供には大根おろしを。 塩辛かったときの対策としてたっぷり添えましたが、その必要は
なく、大根おろしだけでバクバク食べちゃった(笑) 粉ワカメをかけているので、時間が経
つほどにジワジワとワカメがふやけておいしいのです。

豆腐とピクルスのサラダ・・・ 固く水切りしたカッテージチーズのような豆腐に、ピクルスと
にんじんを入れた摩訶不思議なサラダを作ってしまいました(笑) 味付けはマヨネーズと
醤油ぽちっ、塩コショウです。 本当はにんじんの白和え風のものを作るつもりだったのに
何を思ったのか、きざんでおいたピクルスも入れちゃったのよね。 それがね・・・ 何だか
おいしく仕上がっちゃったのです。 ピクルスの酸味が少なかったからなのかなあ、絶妙な
バランスのおいしさだった~。 きっと同じものは二度と作れないと思います(笑)

『残った煮汁はたまごとじにして』 と思っていた角煮の煮汁を使って、ごった煮としちゃい
ました。 何でもいろいろ入れた煮物のことを、実家ではごった煮と呼んでいたのです。
押し豆腐と板麩、ネギを加えて再び煮込み。 最後までおいしくいただきました。




今日のメニュー
- ホッケの開き
- 大根おろし
- 豆腐とピクルスのサラダ;にんじん
- ネギの塩焼き
- ごった煮; ネギ、押し豆腐、板麩など
[PR]
by gohandayori | 2007-04-28 04:15 | ごはん

豚の角煮、大根・たまご添え

e0013650_365147.jpg

昨日登場した大根、実は豚の角煮の中に入れたものだったのです。 今日は角煮として
お目見え。 豚肉はしょうがの薄切りと一緒に圧力鍋で10分煮て冷まし、しっかり脂を取り
除きます。 煮汁に醤油、酒、砂糖を加え、下ゆでした大根とともに30分ほど煮込んだら、
そのまま置いて味をなじませます。 キレイなアメ色のような色づきではないけれど、味は
しっかりついているのです。 アメ色の煮物(特に角煮は)にあこがれるんだけど、自分が
作るとなると、いつもこのあっさりになっちゃうのよね(笑)
きっちり脂を取り除いた煮汁なので、角煮のあとは野菜を入れたたまごとじになる予定!

レンジで蒸したナスに、ネギポン酢と天かすをかけました。 天かすのカリカリをたのしん
だあとは、しっとり味のしみたところをいただきます。 ひとつで2度おいしいのです。



今日のメニュー
- 豚の角煮、大根・たまご添え
- 蒸しナスのたぬきネギポン酢
- 茎ワカメときゅうりの甘酢和え
- 野菜の味噌マヨパン粉焼き; プチトマト、アスパラガス、キノコ
[PR]
by gohandayori | 2007-04-27 03:04 | ごはん

桜の塩漬、作りました。

e0013650_6341978.jpg

昨年春、この家へ引っ越してきました。
庭に記念樹を植えようということになり、果樹木を選ぶ人が多いと聞く中、我が家は桜を
選びました。 大きくなりすぎず、手入れのしやすい枝垂桜です。 桜にした理由は単純に
『庭でお花見ができるから』(笑) ま、これはダンナと共通した意見だったのですが、私に
は口に出さないもうひとつの理由がありました。 それは・・・

自分ちの桜の木で、花の塩漬を作る!  いやホントなのよ、コレ(笑)

桜の木は人目がつくところにしかないし、人目があるってことは花をいただけない・・・
自分ちの木なら誰も文句を言わないだろうと思っていたのです、このときは。


e0013650_6363063.jpg
        (芝生の向こうに見える、石で囲まれたのが畑。 休眠中です。)

そして植えてから一年弱。 まだまだ花数は少ないけれど立派に咲いてくれました。
よくぞ可憐に咲いてくれた、感無量・・・ と眺めているダンナにようやく告白です。

『コレで桜の塩漬 作っていい?』

一瞬にしてオニのような表情にかわり 『ダメったらダメっ! かわいそーでしょうが!』
とたしなめられてしまいました。 ま、私も逆の立場だったら同じこと言ってたでしょうね。

しょぼーんとすること数日。 ツマを不憫だと思ったんでしょうか(笑)
『庭に除草剤を撒くから、その前に桜の花を取りなよー』 とお許しが出たのです!!
満開に近かったけれど、できるだけ咲ききってない花を摘みました。 数えてみたら45個。


e0013650_6423144.jpgさぁ、作りますよ~!
教えていただくのは小太郎先生です。 
手順をわかりやすく書いてくれているので
教えの通りに進みます。 
小太郎さんレシピは花を100gとありますが
私は1/4量でね。

手順はこちらでご確認ください。



<もぐぱくバージョン ダイジェスト>
e0013650_6471815.jpg
桜の花を洗って、塩に漬け込みます。 いかんせん少量なので、入れ物に困りました。
パイレックスの容器を2つ重ね、上にもうひとつ小鉢をのせて塩漬。 ちょうどいい大きさ
&重しになったようで、花も潰れずに塩漬されました。
花が小さいので、漬けたものをひとつずつバラすのは大変。 うわぁ!とか叫びまくり(笑)
このあと酢に漬け込みました。 このときは大小のコップを使い、上からラップをかけて
グッと圧力をかけて巻き込み、重石代わりにしました。


e0013650_6473491.jpg
酢から出して形を整え、陰干ししてます。 お菓子用のラックと天板を使って。
この作業中、ダンナに 『たのちぃねえ、たのちぃねえ』 とからかわれっぱなしでした。
やってる本人は 『つぶさないよう、こわさないよう・・・』 と呪文のように唱えまくり。
半乾きになったら、塩をまぶしてできあがり。 ちゃんと45個の塩漬が完成です☆


暮らす場所柄、買えないもので簡単に作れるなら作っちゃえ!ということが多いけれど
まさか桜の塩漬まで作ることになるとは、夢にも思いませんでした(笑)
欲しいけどムリ、とかなりあきらめていたもののひとつだったのに、キチンと手順を踏めば
私にも作れるんだなあって、本当に感動しています。
これも作り方をわかりやすく教えてくれた小太郎さんのおかげです。
改めて、本当に心からありがとうございました☆

春のたのしみが、またひとつ増えたね。


そして・・・ 土曜の朝に 初・さくら湯を。  お湯入れすぎました(笑)
e0013650_394745.jpg

[PR]
by gohandayori | 2007-04-26 06:33 | 作ってみました

エビと豆腐の揚げ詰め焼き

e0013650_2322452.jpg

ちょっと前にも登場した四角い油揚、またまた詰めてみました。 今回も豆腐とエビの組み
合わせ。 押し豆腐とエビは同量で、エビの半分はペースト、半分はきざんで使います。
押し豆腐と半量のエビをフードプロセッサーで滑らかなペーストになるまで混ぜて、ネギと
塩、コーンスターチ、細かく切ったエビを加えて、よ~く練ったら油揚の中に詰めます。
枝豆をちょこんとのっけて、フライパンでこんがりと焼いたらできあがり。
ネギ&しょうが醤油でいただきます。
カリカリに焼けた外側がおいし~。 これにボクチョイのとろみスープ煮のあんをかけたら
これまたおいしかったです。 とろみスープで煮ちゃうのもいいかもね。
 
この野菜のピクルスは浅漬サラダみたいで、たくさん作っておくと便利な一品です。 
マリネ液は、だし汁150cc、お酢100cc、砂糖大さじ3、塩小さじ2/3、にんにくまるごと1片、
粒コショウ小さじ1/2。
これらを沸騰させて人肌に冷ましたものを厚手のビニール袋に入れて、ひとくちサイズに
切った野菜を加えたら、空気を抜くようにして口を閉めます。 常温で3~4時間、そのまま
置いておくだけでできあがり。 作り置きしたいときは、漬かりすぎないようにマリネ液から
出して冷蔵することをおススメしちゃいます。



今日のメニュー
- エビと豆腐の揚げ詰め焼き; ネギ、枝豆
- ボクチョイのとろみスープ煮
- 野菜のピクルス; きゅうり、にんじん、セロリ、ラディシュ、カリフラワ
- アスパラガスの塩昆布和え; にんじん、 エノキ
- レンコンと牛肉の味噌炒め煮; シュガーピー
- 大根の煮物
[PR]
by gohandayori | 2007-04-26 02:31 | ごはん

エビとカリフラワ、ほうれん草とキノコの2種類カレー

e0013650_229325.jpg

お気に入りスーパーのカレーベースを使って、2種類のカレーを。 このカレーベースは、
スパイシーでサラサラしたスープタイプのものです。 瓶には 『鶏(ムネ)肉や白身魚を
ソテーしたものにこのソースを加えて召し上がれ~』 と書いてあるけれど、いつものごとく
アレンジしちゃえ! といってもカレーには定番のエビとカリフラワ、ほうれん草とキノコの
コンビなんだけど。 インド料理屋さんにもよくあるカレーだから間違いないと思って(笑)
どちらも炒めてからソースと合わせるだけ、いたって簡単なんだけど、ソースが本格派な
ので、何だかゴチソウ気分を味わうことができるのです(笑)
カレーのお供には全粒粉のトルティーヤを。 ちぎってカレーをつけながらいただきます。
ほうれん草チームは、まあ野菜のカレー炒めって感じだね、というそのまんまの感想。
エビチーム、おいしい!! エビの味がしっかり活かされて、ソースが一段と深みのある
味になってました。 すごいね、エビのちからって。 トルティーヤでぱくぱく食べてました。
今度はバスマティライスで食べてみたいものです。

あとはお口直しの野菜たち。 サラダはグレープシードオイル+お酢+塩コショウを野菜
の上に直接かけて、手でバサバサっと豪快に混ぜた男らしいサラダ(笑)
でも味は繊細なのよ。



今日のメニュー
- エビとカリフラワのカレー
- ほうれん草とキノコのカレー
- トルティーヤ
- さっぱりサラダ; クレソン、きゅうり、セロリ、モッツァレラチーズ
- プチトマトのディップ添え
[PR]
by gohandayori | 2007-04-25 02:38 | ごはん

ロティサリーチキンサラダ

e0013650_052422.jpg

お楽しみのロティサリーチキンサラダ! コレが食べたくて、丸ごと一羽のチキンを買って
きちゃうほど惚れこんでます(笑) 今日は粒マスタードソースバージョンにしてみました。
粒マスタード+グレープシードオイル+砂糖ちょびっと+お酢+わさびを混ぜたソースに
ひとくちサイズに切ったチキン(ムネ肉)と野菜を入れて混ぜるだけ。これだけなんだけど
チキンにしっかり味がついてるからなのか、とてもおいしいのです。

ネギチヂミ、実は小太郎さんのまねっこをして蕎麦粉を使うつもりだったのに・・・
蕎麦粉の賞味期限がかなり前で切れていました~(泣) 見た目はゼンゼン大丈夫そうだ
けど、粉モノって当たると怖いって聞いたことを思い出し、仕方なく小麦粉とコーンスターチ
をブレンドしたもので作りました。 これはこれで正統派のおいしさだったんだけど、気持ち
がね・・・ どうにも納得いかず(笑) 蕎麦粉を買ってきてリベンジしなくちゃ。
それにしても、昨日からスランプ続きです。。。



今日のメニュー
- ロティサリーチキンサラダ; きゅうり、クレソン、焼きパプリカ
- ネギチヂミ
- 茎ワカメのゴマナムル
- キノコとアスパラガスのおかかバター醤油ソテー
- 炒めたくあん
[PR]
by gohandayori | 2007-04-24 00:51 | ごはん

つまずきまくり・・・

e0013650_48716.jpg

メニューがまったく何も思いつかず・・・ とりあえず乾燥湯葉をだし汁で煮ながら、冷蔵庫
にあるものをゴソゴソ出して作ったごはんとなりました。 湯葉はダンナの大好物。 リクエ
ストをもらっていたことを忘れていたので(笑)、ここぞとばかりにたくさん準備したら・・・
煮汁が少なかった&煮すぎたのダブルパンチでダンゴ状態になっちゃったよ~!!
何事もなかったように盛り付けましたが、やっぱダメですねえ。 さくっと取れるところだけ
いただいて、あとは明朝にたまごとじとなりました(笑)

モッツァレラチーズを野菜と一緒に焼いているのをTVで見かけたまねっこ。 たまねぎは
フライパンで軽く焼いてから器に入れ、モッツァレラチーズをのせて焼きました。 
が! チーズの量が多すぎたらしく、水がどんどん出てくる~! そして水が出まくった
モッツァレラチーズって固くなるのよ~。 軽く焼く程度にするべきだったようで(笑)

あれこれと、つまずきまくりの夜となりました(涙) んも~っ!!!



今日のメニュー
- 湯葉のサッと煮
- たまねぎのモッツァレラチーズ焼き
- プチ大根とにんじんのディップ添え
- ネギザーサイ奴; ベーコンビッツ、ポン酢
- 炒めたくあん; ゴマ
[PR]
by gohandayori | 2007-04-23 04:07 | ごはん

今日もたたき。

e0013650_53451100.jpg

かつおの残りで今日もたたき。 味を若干変えて、しょうが醤油にしました。 葉っぱのつい
たセロリを買ったので、葉っぱを香味野菜として使ってます。 クレソンはいつものように茎
と葉っぱを分けて、葉っぱは周りに飾り、茎はきざんでかつおにのせて。 ほんのちょっと
の刺身でも満足の一品でした。

モッツアレラチーズって、わさび醤油で食べるのがいちばん好きだけど、何か野菜を合わ
せてみたくなり、大根おろしと一緒にしてみました。 大根はおろして水分をしぼらず、その
なかに乾燥わかめを入れます。 大根の水分でわかめを戻すのですよ。 これにわさびを
少し溶かし込み、モッツァレラチーズを入れて混ぜ、醤油をかけながらいただきます。
大根おろしに?って思うかもしれないけれど、意外なおいしいさですよ。

素焼きにしたポートベロマッシュルームには、これまたブームとなってるネギ塩ザーサイ
をのせました。 ぽちっと醤油をたらすと味が引き締まっておいしかったです。

新製品のグレープフルーツビネガーを買ってみたので、早速サラダに使いました。 
フルーツビネガーらしく、酸味は控えめだけど風味がとてもいい感じ。 いつも作るドレッ
シングより、塩&オイルを少なくした方がその持ち味も引き立つような気がしました。
これって、ダイエット向きかもね(笑)



今日のメニュー
- かつおたたき、しょうが醤油; クレソン、セロリの葉
- おろしモッツァレラ; わかめ
- 焼きポートベロマッシュルームのネギ塩ザーサイのっけ
- ごぼうとにんじんのパンチ(のある、きんぴ)ラ
- グレープフルーツビネガーのサラダ; ブロッコリ、カリフラワ、焼きパプリカ、セロリ
[PR]
by gohandayori | 2007-04-22 05:34 | ごはん