もちつきと手抜きごはん

e0013650_2225269.jpg
              (お持ち帰り。 翌朝のごはんとなりました。)

臼と杵を使った本格的なもちつき、最近はあまり見かけませんよね。
私も小さい頃、父の実家で親族が集まったときにやったのくらいかなあ。
でも子供だったので重い杵を持つことができず、つきたてのおもちを丸めた
くらいで、正確にはおもちをついてません(笑)
もうかなり昔のお話だけどね。

そこに年月も海も越えた今、もちつきのチャンスがやってきました☆


日本から石臼を持ってきて、杵もたくさん自作されてる 『もちつきマイスター』
の指導のもとに開かれた もちつき会。
このマイスター、もちつきイベントを仕事としているわけではなく、あくまでも
趣味で、しかもボランティアでもちつきをしてくれるという素敵な方です。
いちおう 『会社の社内サークル的なイベント』 だったので、集まったのは
社員とその家族、もちろん日本人以外の人もたくさん集まりました。

洗ってひと晩ほど水につけておいたもち米を少し水切りしてから、お手製蒸篭で
1時間ほど蒸します。 だんだん蒸しあがってくると、おいしそうな香りが広がって
きて、それだけでも何だかワクワクしてしまう~(笑)

蒸し米を臼に入れたら、杵で蒸し米をグイグイ潰して、さあ、はじまりです!
つきかたって、いろいろあるんですねえ。
1人でついたり、2人で交互についたり、3人で順番に、4人で・・・  
リズムよくつかないと前後の人とぶつかるので、さながらゲームのようです。
特にひとりのときは大変。 ヘタれてきた頃合にマイスターが

 どうしたー! そんなもんか! まだまだー!! あと20回!! (えー?)

と声をかけるので、つき手は力を振り絞り、真っ赤な顔して必死なんだけど
見ている人たちは大爆笑~~~。
絶妙な掛け声で、それがまたおもしろすぎて本当に笑うしかなく、。。。
あっという間に、計6回のもちつきが終わりました。
お米の量にしたら、たぶん15~6Kgはあったんだろうなあ。

つきたてのおもちは、あんこを包んだり、きなこをまぶしたり、大根おろしで
和えたり・・・  あ、そういえばよもぎを入れたおもちもついたんだっけ。
最後は小さい丸もちに形作って、みんなでお持ち帰りしました。

もちつきって、見ていても、やってみてもすごく楽しい~。
そうだよね、こんな楽しいことだったんだよなあと、改めて感じました。
『また来年も、ずっと続けてできるといいねえ』 と参加した人たちと話しながら
終わったのでした。


ここであれ?と思った人もいるかもしれませんが・・・
ワタクシ、実はもちが苦手でして、自分から進んで食べることはまずありません。
元旦に食べるお雑煮に1個入れるのが精一杯。 
これを食べ終わると 『一年分のもちは食ったなー』 と思えるほどですから(笑)
今年もそんなようなこと言ってましたね。
でもでも、このつきたてのおもちはすっごくおいしかった!!
おもちを丸める人の特権として(笑) 味見をしたらメチャウマなんですよ~。
あんこ、大根おろし、きなこ、よもぎ・・・ 全種類たべちゃったくらい。
(そして翌朝は、磯辺焼きを食べました。 しかも2個、ありえなーい!!)



e0013650_2212937.jpg

そんな日だったので、ごはんはすっごく手抜き(笑)
買ってきたお刺身や、レンジで蒸したキャベツにキムチの素を混ぜたもの、
冷蔵庫にあったおつまみとなりました。



今日のメニュー
- マグロの刺身 
- マグロの塩昆布和え; ネギ
- サーモンのガーリック和え; ヤングコーン、ケッパー
- 蒸しキャベツのキムチ和え
- プロシュート、スモークチーズ、らっきょ
[PR]
by gohandayori | 2008-01-12 02:20 | ごはん
<< イワシの丸干し イマイチ失敗な焼き牡蠣 >>