そうだ、松山に行こう

ちょっとさかのぼって、旅のきろくなどを。。。


里帰りのスケジュールを決めるのは私のお仕事。 日程を組むときはお互いの希望をある
程度出し合ってからにするわけですが、それぞれの実家に行くほかに行きたいところは?
と考えたところ、今回パッと思いついたのは 愛媛県松山。 
『小太郎のまんぷく日記』 で、小太郎さんが松山のことを紹介してくれるのをながめては

  いいところだなあ、いつか行ってみたいなあ~

と思っていました。 それなら行ってみようよ!ってことで、松山の旅は決まり☆



前日に大阪まで来ていたので、新幹線と特急列車を乗りつぎ、お昼すぎには松山到着。
改札を出てみると・・・ 小太郎さんが出迎えてくれました!!
といっても、すぐにお互いがわかった訳ではなく、見ているような見ていないような視線を
交わしたわけですが(笑)
初めて会った小太郎さん、スラッと背の高い、素敵な奥様でした☆


おしゃべりしながら宿のある道後温泉まで送っていただき(小太郎さん、ありがと~!)
そのあと私たちは道後温泉街をふらふら。 駅前のからくり時計を見物しました。
このからくり時計の可愛いこと!! 通行人もついつい見とれて立ち止まってます。
e0013650_813017.jpg




そして道後温泉本館へ。 とても風情のある建物で、手入れも行き届いています。 
e0013650_814437.jpg



お勧めの 『霊の湯』 でひとっ風呂。 平日の夕方ということもあって、わりと空いている
ようでした。 個室で浴衣に着替えてからお湯に向かいます。
ラッキーなことに女湯は私ともうひとりのおばさまのみ! 貸切状態でしたよ。
普段は冷え性で手足の冷たい私ですが、お風呂上りは身体がホカホカと温かいまま。
個室に戻ってからも、障子を開けてしばし外の空気を吸いたくなってしまったほどです。
心地よいお湯を堪能しました。 やっぱり温泉はサイコ~だね☆
 
そして仕上げには坊ちゃん団子とお茶。 甘さ控えめのおいしいお団子でした。
e0013650_82292.jpg




この日の夜は、道後温泉本館近くにある 『道後麦酒館』 にて地ビールとじゃこ天、
刺身こんにゃくなどでのごはん。 
ここは地元の酒蔵が経営するお店です。 風呂上りのビールは格別だ~♪
e0013650_83725.jpg


酢の物を頼んだら塗りの枡に入ってきました。 こんな使い方もちょっとかわいいね。
e0013650_825122.jpg




松山2日目。
小太郎さんからいただいた情報によると、松山市内を走る路面電車は昔ながらの
車両を使った 『坊ちゃん列車』 が日に数本走っているそう。 これにも乗ってきました。
乗務員さんも昔の制服を着用、車内での案内も地声で行うというまさにタイムスリップ。
終点駅から折り返すときの線路変更も手作業! 乗務員さん、カッコよかったです。
e0013650_834756.jpg




待ち合わせの時間まであと少し、駆け足でいくよ~!  松山城へ上ってます。
e0013650_84840.jpg

リフトなんて何年ぶりかな? 落ちないように、落とさないように・・・ 念じながらね。
でもこれがすっごく気持ちよくて!! そよそよとあたたかい風にふかれながら、じっくりと
空に近づいていくような、ちょっと贅沢な気分に浸るひとときでした。


空がスキッと青くて、その高さが見て取れます。 いやあ、きれいな空だったなあ。
e0013650_852357.jpg
実はお城を間近で見るのははじめてのこと。 その大きさにちょっと圧倒されました。
そしてお城を含めた風景がとても美しい、そのひとことに尽きますね。
お城にしても路面電車にしても、昔からのものをずっと大切に守り続けることの大切さ、
素晴らしさを教えてくれるところだなあ、そんなことを思ってしまいました。

ひとしきりお城を見たあと、ふと振り返って市内を見渡してみると観覧車が!! 
いよてつ高島屋の 『くるりん』、この日の夕方乗りました☆  
山の稜線の向こうは夕日で真っ赤に染まって・・・ 写真は残念ながらブレまくりでしたー。
きれ~だね~なんて感動してる私の向かいで、ダンナは怖くて顔をひきつらせていたのは
ここだけの秘密(笑)


そして小太郎さんと待ち合わせ、内子散策に向かいます。

つづく・・・
[PR]
by gohandayori | 2007-11-22 08:00 | その他
<< そして、内子に行くよ 韓国味噌の辛い鍋 >>