「ほっ」と。キャンペーン

我が家カレー

e0013650_6221597.jpg

小太郎さんのカレー特集に便乗して、我が家カレーを仕込みました。


私の実家はジャワカレー辛口のチキンカレー、ダンナの実家はジャワカレーとバーモンド
カレーをミックスしたポークカレーが定番。  自分で作るようになってからもジャワカレー
を使った、いわゆる普通のお家カレーでした。 
ある日、ダンナからメールで 『コレが食べたいです、よろしく』 と送られたURLを見てみ
ると、そこには 「シェフに教わる賄いカレー」。  ちょっとおいしそうでしょ☆
作ってみると時間はかかったものの、それだけのおいしさはあるものでした。 何よりも
野菜がたっぷり入ったルーというところにも惹かれます。  自分でスパイスを調合して
しまえば、カロリー控えめでヘルシーなカレーが作れる!  市販のルーは高カロリー
だけど、これならダイエット中でもイケそうな感じです(笑)
それでは、作りましょうか。。。



e0013650_624227.jpgソースのベースになる野菜を煮込みます。
お決まりのたまねぎ、にんじん、セロリ、
そして今回は完熟トマトも加えています。
すべてフードプロセッサーにかけてトロトロ
にします。 水をほんのちょっと加えてから
一度沸騰するまで加熱して、スロークッカー
で煮込み開始。





e0013650_624172.jpg1日目の煮込み終了。
8時間ちょっと煮込みました。
ちょっと茶色くなりました。
水分が少なくなってきたら、トマトジュース
を足していきます。
このときはまだ野菜を煮ただけの味(笑)
まだまだ変化はありません。





e0013650_6242985.jpg2日目の煮込み終了。
本日も8時間ちょっと煮込み。
さらにちょっと茶色くなりました。
このあたりでコンソメ等をちょっとずつ入れて
遊びはじめます(笑)
そして入れ忘れていた生姜も追加!
(本当は始めから入れておくものです~)
野菜の甘さが強まってきて、コクとまでは
いかないけれど、味は変わってきています。



e0013650_6245859.jpg3日目の煮込み終了。
同じく8時間ちょっと煮込みました。
さらにまたちょっと濃い茶色ですね。
ここまで煮ると、煮崩れ野菜の複雑な味に
なってます。
これでベースは完成。
たくさん作って冷凍しておいて、カレーが
食べたくなったときにサッと使えるように
ストックしています。



これに圧力鍋で煮込んだお肉を加えたり、直接この鍋にお肉と野菜を加え、スパイスを
入れて更に煮込みます。  市販のカレールーを使ってもいいけれど、私は自分で適当
にスパイスを入れて遊んでます。
今回は S&Bカレー粉、クミン、シナモン、とんかつソース、ウスターソース、ケチャップ、
トマトペースト、ビターチョコなど。  ナツメグ、クローブ、カイエンヌペッパー、オイスター
ソース、醤油なんかを入れたこともあったかなあ。  量も適当なので、毎回ビミョウに味
が違うのも我が家カレーの特徴。 まさに一期一会なカレーなのです(笑)
本来、スパイスを調合して作る時は、スパイス類と小麦粉を油で炒めて使うのでしょうが
私はスパイスだけを煮込んでいます。 小麦粉と油分が入らないので、トロミの少ない
あっさりしたカレーになります。 

最後に塩で味を調え、ソースがちょっと水っぽいようだったら水溶きコーンスターチを加え
てトロミを調整します。 もともと水分はそんなにたくさん入っていないから、気にしなくても
OKなんですけどね。 作った日より、一晩寝かせた翌日がいちばんおいしい。

今日はゆでた野菜(ブロッコリ、カリフラワ)とプチトマトをソースで軽く温めてから盛り付け
ました。 ちょっと野菜が多すぎましたね、やっぱりクレームがきましたよ(笑)

ごはんはバスマティライス。 これもそのときによって玄米だったり、普通の白米だったり
変わります。  バスマティライスはあっという間に炊けてしまうので、カレーでの登場率
はかなり高いかも。

そしてカレーの薬味といえば福神漬が定番ですが、我が家は甘酢に漬けたたまねぎや
細かくきざんだピクルスを添えたりしています。 (今回は時間がなかったので省略~)
これは以前によく通ったインドカリー屋さんの真似っこ、おススメです☆


と・・・ 非常に見た目は面倒くさそうなカレーですが、実はそんなことはなく、ただひたすら
煮込むだけ。 スロークッカーやシャトルシェフを持っていれば、より簡単です。
なんてそんなこといいつつ、やっぱり市販のルーで作るカレーもたま~に食べたくなって
しまうんだけどさ(笑)  カレーって奥が深いよねえ。
[PR]
by gohandayori | 2007-09-01 06:02 | ごはん
<< とある日のごはんたち その1 おこぼれごはんに屋台キャベツ >>