鶏の甘辛焼き と 豆腐のドライカレー風

e0013650_238120.jpg

パラパラとめくっていた料理本から、鶏肉の味付けにジャムを使ったレシピを。 鶏肉は
皮目にフォークでプスプスと穴を開けて、醤油+酒+ジャム+生姜+コショウを入れた
タレに30分ほど漬けておいてから焼くというものです。 ジャムはアプリコットのものを
使いましたが、かなり甘さ控えめタイプのものなので、はちみつを少しだけ加えました。
焦げやすいから気をつけなくちゃ・・・ と思いつつも焦がしてしまったけれど、このくらい
焼いた方が香ばしくておいしいのさ(笑) 切り分けてから、リーフレタスに包みながらい
ただきました。 ダンナにしてはめずらしく 『コレ、皮のところがすんごくうまい。 皮が
おいし~!』 と肉の部分よりも皮を絶賛してました(笑) よろこんでいただけたようで
何よりですわ。

ツナとにんじんのサラダは栗原はるみさんレシピ。 『ごちそうさまがききたくて』 という
本、何度も読み返してはいるけれど、このサラダは作ったことがありませんでした。
粒マスタードが味のポイント、ナニゲにぱくぱく食べてしまったのでした。

豆腐のドライカレー風はYOMEさんレシピ、夏野菜のキーマカレーの真似っこ というか
かなりアレンジしちゃったけど(笑)、味付けはしっかりレシピのとおりです。 
ひき肉はほんのちょっとにして、その代わりにザクザクと豆腐を入れて、野菜もたっぷり
でボリュームアップさせました。 使う野菜もウチにあるものたちに置き換えて。
豆腐は水気がしっかり切れている押し豆腐を使ったので、時間が経っても水っぽくなら
ずにおいしくいただくけました。 ヘルシーなカレーに大満足☆
YOMEさん、ゴチソウサマでした~!

 

今日のメニュー
- 鶏の甘辛焼き、リーフレタス添え
- ツナとにんじんのサラダ; 枝豆
- 豆腐のドライカレー風
- 切り昆布の煮物; 椎茸、油揚
- エビと野菜のひとくち炒め
[PR]
by gohandayori | 2007-07-10 02:33 | ごはん
<< 暑い日ですが・・・ 鶏手羽先と... 鶏レバーのちょっぴりカレー炒め >>