キノコのつくね焼き、とか。

e0013650_213318.jpg

ちょっぴり大振りなキノコを見つけたときから 『絶対に何かを詰めちゃる!』 と思って
いたことを実現しました。 ほれ、コロコロLOVERですから(笑) 
豚ひき肉にはキノコの軸(ココ、大事ですよ!) とネギをきざんだもの、酒と塩コショウ
を加えてよ~く練ります。 キノコの内側に片栗粉をよくまぶしつけ(ヒダヒダにも付くよう
指でグリグリと押し付けるのがベター) 肉あんを詰めます。 しっかりくっついてくれるよ
うに念じながら詰めるのもコツですね。 フライパンでしっかり焼き、余分な油を取って
から、醤油+みりん+酒を絡めたらできあがり。 小さいけれど食べ応えアリなのです。

カボチャサラダは、ツナポテトサラダチックにツナ缶を加えてみました。 ツナが入ると
コクが出ておいし~。 カボチャがあんまり得意じゃないダンナにも好評でしたよ。

ひととおり食べ終えて 『なんかもうちょっと食べたいかも。 カップラーメンとかー』 と
いうじゃあありませんか! 今日はすんごくオナカが空いていたそうで・・・。 

それから作ったものは なんちゃって・あぶらそば。 油そばって流行りましたよね~。
(まだ続いているのかしら?)  汁がなく、タレを絡めて食べるくラーメン(?)です。
このタレを自宅でも作れないか?と研究していたのです、ダンナが友人と(笑)
こちらで手に入る調味料の味が若干異なるので、味もそっくりじゃないけれどコレなら
満足できるレベル、だそうです。 開発後、そのレシピはシェフである私のところに回っ
てきました。 ここから先の調理については、私の担当だそうで(笑)
オイスターソース、醤油、コンソメ、砂糖、ラー油、ごま油、味の素(必須!)、コショウ
を合わせて、ゆでた麺の上にかけます。 ネギをのせてよーく混ぜ合わせ、お酢をかけ
ながら味を整えていただきます。 今日はシナチクものせちゃいました。 汁がない分、
かなりオイリーで私にはヘビーなんだけど、嬉しそうに食べておりましたよ。
画像に収めたかったのですが、伸びちゃうので控えておきました(笑)

しっかし、このタレを作るためだけにいろいろ研究してた彼らって・・・ 男の子だよね。
 
  

今日のメニュー
- キノコのつくね焼き; 豚肉、ネギ、しょうが
- カボチャサラダ;カボチャ、たまねぎ、セロリ、アスパラガス、パプリカ、ツナ
- 牛肉と空芯菜のオイスター炒め; パプリカ、にんじん
- 豆苗おひたし; にんじん、しめじ
- はやと瓜の浅漬、とろろ昆布のっけ
- あぶらそば; シナチク、ネギ
[PR]
by gohandayori | 2007-06-20 02:00 | ごはん
<< 夏野菜ラタトゥユ 焼きアサリ >>