エビとニラのひとくち焼

e0013650_13533192.jpg

ダンナの実家は果樹農家で、主にりんご・もも・巨峰を出荷しています。
これ以外にも自分たちで食べるためのお米・野菜をたくさん作っているので、畑オーナー
いちねんせいの私たちにとっては良きアドバイザー。 野菜が伸び悩むとすぐに電話をして
「なんでーーー???」 と泣きついてます。

『トマトはな、中心の芯を伸ばすよう、それ以外の大きな葉っぱは落としたほうがいい』
『ニラはな、伸びなくなったら思い切って刈り込んだ方が伸びる。 切り戻しってヤツだ』
『オクラはな、天気よくて温度が高くならないと伸びないから、そのままほっとけ』

はぁ~ とうなずくこと & え~! そうなの? とビギナーには思うことの繰り返しです。
ここ一年はプロの言葉に従うように決めました。
そんなわけで今日、トマトの葉をばっさりと切り落とし、ニラをざくざく切りました!

ニラは新鮮なうちに食べよう!と思った先に見えたものはエビ・・・ また、エビかい???
たたいたエビに刻んだニラとしそを混ぜて焼きました。 今日のつなぎは つくね芋♪
すっごく粘度が高い、このままでは濃いよ~と言いたくなるくらいに 『自分、芋です!!!』 と
主張してくれるお芋。 和菓子のお姉さんからいただいた一部を使いました。
少ない量のつくね芋が入るだけで、ふっくらホワホワに焼きあがってビックリ~。
お芋のチカラ、ちょっと侮ってましたねぇ。 そんな発見がうれしいごはんでした。

焼ポテトサラダは、小さく切ったレッドポテト(まだ皮の薄い新ジャガ)を多目の油で
フライパン焼きしてからサラダに仕立てました。 お芋がこんがり焼けてきたら、スライス
したたまねぎを入れてサッと炒めてボールに取ります。 強めに塩コショウをしたらお酢を
入れて混ぜ、ピクルスとバジルのみじんぎり加えて、フタをして10分ほど置きます。
「芋はねぇ。。。」 というダンナがパクパク食べてました。 わーい!

今日のメニュー
- エビとニラのひとくち焼;キノコ、しそ、つくね芋
- ケールのポン酢和え
- 若茗荷とトマトのおかかサラダ
- 糸茎わかめのキムチ和え;ゴマ
- 焼ポテトサラダ;たまねぎ、バジル、ピクルス
[PR]
by gohandayori | 2006-07-15 13:58 | ごはん
<< 刺身と山かけと・・・ おまんじゅう >>